育毛剤ランキングTOP 3!test

  • チャップアップ

    1位

    チャップアップ

    119サイトの総合1位。育毛剤選びで迷ったら、まずはここから。

    注文する
  • ポリピュアEX

    2位

    ポリピュアEX

    1日分の育毛ケアがなんと130円で体感できる。

    注文する
  • 薬用プランテル

    3位

    薬用プランテル

    急増中のM字型の薄毛には専用育毛剤のプランテルで決まり。

    注文する

髪を育てる成分特集①たんぱく質を含む食材

髪の毛はたんぱく質で出来ているというのは今までも耳にしたことがあるとは思いますが
このたんぱく質が、「なぜ髪の毛の育毛において必要なのか」を説明していきたいと思います。

たんぱく質が髪の毛に重要な理由

「髪の毛が元気かどうかは、たんぱく質が決める!」
と言っても過言ではありません。
実際、髪の毛の成分のほとんどがアミノ酸(たんぱく質)で出来ています。

このたんぱく質ですが、ドライヤーの熱や紫外線、パーマやヘアカラーなどにより
たんぱく質がゆがんでしまい、髪の毛がパサパサになったり、手触りがゴワゴワしたり
…と髪の毛の健康を左右します。

日々のケアを怠ったバサバサの髪の毛は、たんぱく質が流出していて見た目も悪くなり
湿気が多い日は水分を吸って頭が爆発してまとまりにくくなったりします。
そうなると、もしイメチェンしたくて美容室に行っても
「髪の毛が傷んでいるから」という理由で断られてしまうかもしれません。

そんな髪の主成分はケラチンと呼ばれているものなのですが
ケラチンとは18種類のアミノ酸が結合してできたものであり
髪だけでなく爪や皮膚を作ってくれる成分のことを言います。

弾力性があり、水分を含む細長いたんぱく質となり
アミノ酸によって硬ケラチンと軟ケラチンに分けられます。
また、このケラチンなんですがシスチンを14~18%含んでいると言われています。

ケラチンの中のシスチンは、髪に含まれているメチオニンからも作られますが
メチオニンは体内で作る事の出来ないアミノ酸なので外部から摂る必要があります。

髪を構成するうえでのアミノ酸の割合として、
メチオニンは1%と少なく、髪の毛にそれほど必要な成分とは言えません。
しかし、メチオニンは髪の毛を作るシスチンを生成する働きがあり
メチオニンが不足すると健康な髪の毛が生えてこなくなり、薄毛の原因となってしまいます。

このメチオニンが不足すると動脈硬化などの血流障害も起きてしまい、薄毛の人には良くありません。

さて、ここで髪の毛に必要なアミノ酸成分を説明していきたいと思います。

髪の毛に必要なアミノ酸成分とは?

髪の毛は18種類のアミノ酸が結合して出来ていると話しましたが
その中でも髪の毛に必要な主要成分を説明していきたいと思います。

以上、アミノ酸の成分について髪の毛に関係ある主要成分を少しだけ紹介しました。
他にもまだ含まれていますがこの5種類が髪の毛に関して重要であると言えます。
育毛剤や養毛剤を選ぶときの参考にされて下さい。

さて、次に髪の毛に関係あるアミノ酸を含む成分の食材について説明していきたいと思います。

アミノ酸を含む成分の食材の紹介

髪の毛は18種類のアミノ酸から構成されており、そのうち8種類が食べ物から摂る事ができます。
こうやって見ていくと和食を食べた方が髪の毛には良さそうですよね。

例えばですが、朝食メニューとして
ご飯・海苔・ホウレンソウと卵のオムレツ・納豆・鶏肉の煮物・アスパラベーコン炒め
などを作ってみると、髪の毛に良い食事になることが分かります。

また、シスチンが多く含まれている食材にパスタが入っているので
お昼ご飯にひき肉とアスパラガスに茄子を使ったミートスパゲティを作ってみるのもいかがでしょうか。

もちろん、サプリメントからも摂取することは出来ますが
出来れば自炊して食べ物から摂る方が財布にも体にもよさそうですよね。
是非、髪の毛に良い食材を取り入れて料理をされるようにして下さいね。

PAGE TOP